MENU

3秒で分かる!デリケートゾーンのニキビの原因!

 

デリケートゾーンにできた顔ニキビような症状は、
『毛嚢炎(もうのうえん)』というものです。

 

 

  • 毛嚢炎が出来る原因
  • 垢や尿の汚れ残り
  • ナプキン・カミソリの刺激
  • 下着の締め付けや蒸れ
  • ストレスや食生活の乱れ

 

これらが原因になります。

 

 

毛嚢炎ができる詳しい原因

垢や尿の汚れ残り

デリケートゾーンの形状は複雑なため、
尿の拭き残しやトイレットぺ―パーのカスといった、
日々の汚れがとても溜まりやすいのです。

 

これらの汚れが雑菌のエサとなり菌を増殖させてしまい、トラブルの元になるのです。
特に小陰唇の溝にはこうしたものが溜まりやすく、
蓄積されると悪臭を放つので臭いが気になる人は注意が必要です。

 

 

ナプキン・カミソリの刺激

ナプキンによる摩擦や、
カミソリを使用してのムダ毛処理など、
皮膚への刺激や毛穴内部が傷つけられたときにも発生します。

 

もちろんレーザーや光脱毛、
ワックス脱毛などを行った時も、
毛嚢炎の原因になります。

 

 

下着の締め付けや蒸れ

下着は高温多湿の環境になるので雑菌が繁殖しやすく、
デリケートゾーンのニキビもこうした環境を好みます。

 

特に締め付けるような下着や、
補正効果を期待して締め付けられてしまうストッキングなど着用すると、
陰部が蒸れてしまうのでこのような状態を引き起こしてしまいます。

 

 

ストレスや食生活の乱れ

ストレスや疲労が蓄積されると体の免疫力が落ちてしまいます。
免疫力が落ちることで毛嚢炎だけでなく、
腟カンジダなど他の陰部のトラブルを引き起こしてしまうの要注意。

 

また、暴飲暴食や食生活の乱れなどにより、
ホルモンバランスが崩れやすくなってしまうことも原因の一つになります。

 

 

以上がデリケートゾーンにニキビができてしまう原因でした。

 

すべて一気に改善することは難しいかもしれませんが、
1項目ずつでも試してみると、
自分がどの原因でニキビができやすいか分かるかもしれません。

 

このページの先頭へ
外為ジャパンクチコミ情報