MENU

陰部の黒ずみの主な原因って?

陰部はデリケートゾーンとも呼ばれ、
皮膚の厚さが他よりも薄く外的刺激に対しての抵抗力が強くありません。

 

陰部の黒ずみはメラニン色素が沈着することで起こりますが、最も一般的な原因は摩擦によるものです。

 

下着やナプキンなどによる摩擦、
中でもきついサイズや化学繊維は摩擦が大きいだけでなく蒸れや雑菌を繁殖させやすく、さらに黒ずみを悪化させます。

 

また、脱毛するための剃刀による頻繁なシェービング、
日常的に毛抜きを使用することも原因になります。

 

もともとメラニンは肌を保護するためのものであり、
陰部は肌の敏感さを補うため、メラニン色素の活動が活発な部位です。

 

このような要因に加え、加齢や生活習慣の黒ずみに影響することがあります。

 

肌のターンオーバーのサイクルが正常な場合色素は沈着しにくいものの、
更年期やビタミン不足の食事、喫煙などが原因でホルモンバランスが乱れたり新陳代謝が滞ることで、
メラニンがうまく排出されずその部分が黒ずんだようにみえます。

 

放置すると、
このような状態を繰り返すことでだんだん色素沈着が重なり、色は濃くなっていきます。
さらに日焼けするとすぐに黒くなる人はもともとメラニンの保有量が多く、黒ずみやすい体質といえます。

 

 

このページの先頭へ
外為ジャパンクチコミ情報